平成30年度の出題の趣旨(問題の作り方)も事例企業の作問者(試験委員)も、完全にわかった価値ある取材

平成30年度の試験が終了してすぐに、社長様との取材の許可が取れたため、南さつま市まで向かいました。
博多駅で一泊してからの移動のため、博多駅での朝は少し冷え込んでいましたが、南さつま市は、とても暖かく同じ九州とは思えないほどの気温の差でした。

博多から南さつま市まで
取材の様子【ショートバーションの動画】

取材から得た、合格につながる詳細な内容は、初回教材の講義で紹介いたします。2019年度対策のTBC受験研究会の2次試験の学習は、さらに迷いなく一直線に合格まで進めるようになりました!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。みなさんと一緒に合格を勝ち取り、キャリアアップのお役にたてると、先輩の診断士として、とてもうれしいです。