みなさんこんばんは
 TBC受験研究会統括講師 山口正浩です。
2次筆記試験を受験された皆様、大変お疲れ様でした。
TBC受験研究会のスクーリングに出席されて、当日“飲みたい!”という受講生の有志の方々と、スクーリングの担当講師とで、2次試験終了後に水道橋でお疲れ様会を開催しました。試験でお疲れのところ多くの方にご参加いただきありがとうございました。
試験終了後は、出題企業様へのアポ取りなどで報告が遅くなりました。取材の詳細は後ほどアップします。

気づいたら一番古くから応援している講師に

試験当日の朝は、東京理科大学の神楽坂校舎に応援に行きました。講師に成り立ての1997年から、かれこれ23年連続での応援になりました。私はTBC受験研究会の経営者になりましたが、講師契約の時からTBC受験研究会として激励しているため、同じ受験校の講師としては一番古くから試験会場で応援している講師になっていました。

一番多くの講師陣が駆けつけ、一番多くの受験生に声をかけられました

今回の試験では、東京理科大学の神楽坂校舎で応援している受験校のうち、TBC受験研究会が一番多くの講師で応援し、私自身も一番多くの受験生に声をかけられ、応援することができました。
早稲田出版の2次速修テキストは出荷ベースで見ると、受験生の過半数が購入していることとなっていることはわかっていましたが、改めて試験の当日の応援で、とても多くの方がTBCメソッドを学習していることを実感することができました。

応援の様子(一部)

口述試験もしっかりと準備しましょう

2次筆記試験終了後は、口述試験が控えています。少し休んだ試験の疲れを癒やした後に、口述試験の取り組みを始めましょう。口述試験の取り組み方は、2次試験の総評動画でも紹介しています。ぜひ、ご参照ください。