TBCの通信講座で憧れの診断士に。

中小企業診断士2次筆記試験合格者

2020年度2次集中DVD通信講座 鈴木徳雄様

中小企業診断士を目指した理由

父と兄が学者・技術者であったことから、起業家の方々、エンジニアの方々のお力になりたい、と以前から思っていました。人を活かすために、自分を活かす、そんな仕事がしたい、人に寄り添えるコンサルタントになりたい、と思ったことがきっかけです。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

【1次試験】

受験生の立場に立ったわかりやすい内容と、丁寧な動画解説が、他の追随を寄せ付けない、と感じ、早稲田出版のTBC速修テキストを選びました。ポイントがコンパクトにまとまっており、解説・過去問・動画をすべて提供していることに、素晴らしさを感じたのも、理由のひとつです。難しい論点は、動画解説を見る事で理解を深める事が出来、スムーズに学習が進みました。

【2次試験】

迷わず、TBC2次集中DVD通信講座を選びました。 2次試験に合格するためのすべての要素が詰まっている、と感じたのが理由です。本試験の対象企業の訪問や、試験委員の方の分析等、有益な情報が多くあり、事例問題の質も、群を抜いている印象でした。

TBC受験研究会活用法

1次試験の学習

【一次の学習方法とTBCの活用】

TBCのテキストで学習し、過去問を解く。間違えたところはテキストに戻り調べる。Excelでリストを作り、空き時間にインプット・アウトプットする。というのが基本的な学習方法でした。わからない論点は、何度も繰り返し動画を見て、理解を進めるようにしました。経済学、財務、運営、法務等、時間に追われる科目は、模試を解くときに、必ずタイムプレッシャーをかけ、行いました。結果、本番も落ち着いて臨むことが出来、ミスを減らし、普段の力が発揮できたように思います。

2次試験の学習(2次集中DVD通信講座の活用)

【二次の学習方法とTBCの活用】

<教材>

二次試験対策テキストで、二次の作法を理解する。テキスト巻末の抽象化ブロックシートをしっかりと定着させる事を重点的に行いました。覚えるというより、反射的に言葉が出てくる位見て、聞いて、書いて覚える。私は、ノートに自分で書いてみて、自分で読んだ音声を録音して定着させました。

<模試や答練>

答案練習を、時間短縮で解き、自分の抜け漏れを探す。問題の優先度を決めて、1事例の全体の流れをつかむ。具体⇒抽象⇒具体の流れで、うまくできなかった所を動画や解説を見て、復習する。次回の答練では、プロセスを意識して解答する。の繰り返しでした。

<講義>

DVDの解説が素晴らしかったです。 講義の中の先生方のお言葉が合格のポイントだった、と実感しています。

山口先生の、 「時制を必ずチェックして、解答要素を探すこと。」 「知識系の問題もある。ブロックシートを頭に入れて絶対に見落とさないように。」

遠山先生の、 「疲れた頭ですべて情報収集しようとせず、優先順位を決めること。」 「解ける問題と解かない問題を見分け、解ける問題の処理ミスを防ぐこと。」

先生方のお言葉を何度も思い出せたお陰で、本試験では大きなミスをせずにすみました。

中小企業診断士を目指す方へ

一次試験は、7科目合格をしなければなりませんが、 TBCのテキストと過去問題集、模試等を効率的に行えば、必ず通過できると思います。 二次試験は、試験会場で先生の言葉を思い出し、自分を信じ、落ち着いて臨んでください。 そうすれば、必ず、結果はついてきます。 不安になったり、弱気になったり、私はそんなことばかりでしたが、 先生方に支えられ、一次も二次も、口述試験もなんとか乗り越えられました。 何が、あっても診断士になる、という気持ちを持ち続け、初心を忘れずに、 頑張っていただければと思います。 私も、新人診断士ですが、 来年、診断士になった皆さまとお会いできるのを楽しみにしています。