最強のTBCメソッドで合格を掴む!

中小企業診断士2次筆記試験合格者

2020年度2次短期DVD通信講座 渡邊 立三 様

中小企業診断士を目指した理由

自己啓発の一貫として、ITコーディネータ資格を取得した際、更に中小企業診断士の資格を取得する事で、「IT経営」の導入・展開・定着サービスを高度化できると考えたからです。
ダブルライセンス取得で、独立起業する事が可能と考え中小企業診断士を目指しました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

私は、2019年度は2次集中DVD通信講座、2020年度は2次短期DVD通信講座を受講しました。合格までに2年の時間を要しましたが、通信講座、1次・2次速修テキスト、スクーリングを通じて、中小企業診断士試験の学習に取り組みました。
1次試験は、限られた予算の中、速修テキスト・特訓問題集と無料動画のみを活用させて頂き、模擬試験・過去問題を解くこともなく、合格することが出来ました。
1次試験後、TBC受験研究会・講座説明会に参加(2018年暮れ)、2試験対策はTBCメソッド習得が最善と考え受講を決意しました。
2次試験では、具体的な問いかけである設問に対して、知識・戦略フレームを駆使して分析・抽象化し、与件文章から具体的な解答要素を抽出する必要があると知見を得ました。
この「具体・抽象・具体」の思考プロセス、つまり、2次試験攻略に必要な「メタ思考」を唯一学ぶことが可能なのがTBC受験研究会であると気づき、TBCを選択しました。

TBC受験研究会活用法

1次試験の学習

2次試験を想定して1次試験の科目学習を組み立てました。
①企業経営理論(戦略)と特訓問題集・・・共通
②企業経営理論(組織論)・・・事例Ⅰ
③企業経営理論(マーケテイング)と運営管理(流通)・・・事例Ⅱ
④運営管理(生産)・・・事例Ⅲ
⑤財務・会計:事例Ⅳ
の組み合わせ順で、2次試験とのリンキングを意識して学習を進め、最後に
⑥経営法務
⑦経営情報システム
に取り組みました。

日々の学習は、各科目・各章毎に下記手順で進めました。
①速修テキスト速読
②必須テーマ[〇・×]チェック
③動画視聴
④速修テキスト熟読
⑤問題編
この順で学習すると、苦手意識のある科目も学習ハードルが下がり、学習が継続しやすかったです。

2次試験の学習

前年2次試験の不合格の原因は、TBCメソッドの習熟度・理解度が低かった、特に抽象化ブロックシートの暗記が重要であると分析し、2020年1月より学習を再開しました。

1.速修2次テキスト

動画を視聴しながら、下記手順でテキストを学習し、基礎固めを行いました。
1)「第2章2次試験攻略法・第3節」で、解答プロセスを見直す。
2)「第3章科目別攻略編」で、解答EXCELシートを作成し、「具体・抽象」を学習。

2.「抽象化ブロックシート」の暗記

抽象化ブロックシートの各知識を、9つの知識エリアに分類整理しました。
共通
①環境分析・中小企業白書
②全社戦略
③ターゲット選定
事例Ⅰ
④組織戦略
⑤人事戦略
事例Ⅱ
⑥マーケティング戦略
⑦個別マーケティング
事例Ⅲ
⑧生産戦略
⑨生産オペレーション
抽象化ブロックシートの全知識項目をマップに配置し、頭の中の「棚」に知識を定着化させました。
これにより、マップ図は設問分析時に、「検索エンジン用のインデックス役」として有効に機能しました。

3.速修2次過去問題集Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵの取り組み

速修2次過去問題集を参考に動画を視聴し、平成19年~30年の12年分の48事例の過去問を解答しました。温故知新、平成19年から順番に、TBCメソッドで設問分析し、与件文章にSWOT・抽象化メモを記載し、解答設計に取り組みました。

4.前年度2019年度の2次集中DVD通信講座・スクーリング資料の再学習

DVDの再視聴から始め、再度学習し、理解不足を見直しました。この学習により新たな気づきが得られました。

5.2020年度2次短期DVD通信講座

模擬試験の替わりに、セルフ模試試験形式で、通信講座の課題をタイムマネジメント練習として取り組みました。また、新試験委員の出題予想、スクーリングの新傾向問題もノートにまとめました。これにより、解答プロセスを最終仕上げできました。

6.直前期(2週間前)

速修2次過去問題集と通信講座の事例を、設問分析とTBC模範解答の確認を毎日速読方式で学習しました(与件文は読まない)。また、TBC模範解答を、写し書きし、文字を書くトレーニングを励行しました。

以上1~6が、私の2次試験学習法です。

中小企業診断士を目指す方へ

昨今は、中小企業診断士試験の学習方法・情報は、ネット等で数多発信され、迷いが生じることもあります。しかし、TBCメソッドが最強と信じ、その習得・習熟度を高める事を優先してください。道は必ず開ける、と思います。
山口統括講師・講師の方々のアドバイス、「基本に忠実」「最後まで粘り強く」「1点でも多く」に留意し、TBCメソッドで、ぜひ勝負してください。
激動の環境の中、TBCメソッドで体得した「メタ思考」は、先行き不透明で迷路にさまよう中小企業様の御支援に役立つと考えます。生涯の武器になると思います。
TBC受験研究会の学びをきっかけに、皆様が、中小企業診断士になり、新しい人生を歩み出される事を祈念致します。