TBCを信じ、勝つまでやりました!

中小企業診断士2次筆記試験合格者

2020年度2次集中DVD通信講座 毛利 好古様

中小企業診断士を目指した理由

 社会人として、自身の考えの軸を持ちたい、市場価値を客観的に示せるものを持ちたい、と考えたのが始まりでした。
 具体的には以下となります。
 ・仕事をする中で、自身の考えが正しいのか迷うことがあり、ビジネスマンとして世間一般に正しいと思える知識を体系的に身につけ、迷いを減らしたい。
 ・本資格を取得することで、ビジネスの知識を全般的に持っていると客観的に示せる。自身の価値を自身で高め獲得できる。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

 中小企業診断士について検索した際、TBC受験研究会が動画で講義を配信しているとのことで、Youtubeを見たのが始まりです。
 「これなら全然わからない自分でも学習できる!」と思いました。「こんなレベルの高いものを自宅で自由にいくらでも聞けるのか!」と感動したのを覚えています。
 過去に中小企業診断士の資格取得を考えたことがありましたが、その際は書籍か学校に通うことしか手段がなく、書籍を見ても「これはハードルが高いな、」と諦めた経験もありましたので、時代は動いているなと非常に驚きました(自身は多年度受験生で、昨今は他の動画もありますが、先発企業はTBCだと思います)。
 Youtubeの講義動画は非常に分かりやすく、量も十分にあり、「これなら全くわからない分野でも、少しずつでも理解して十分身に着けらるぞ!」と。

TBC受験研究会活用法

1次試験の学習

 Youtube動画が主、TBCの書籍を副として、まず動画を聞き、不明点を書籍で補うようにして利用しました。(書籍の分量をはじめからすべて読んで理解し頭に入れる、というのは私には困難に思えたためです)
はじめは通常の速度などで聞いていても、1度聞いたものは2倍速でも理解できていくようになります。また、動画はやる気が起きないときでも、流して聞いているだけで次第にやる気が出てきます。そのため、継続して学習するのにも有用と考えます。

 書籍としては、特に「特訓問題集<1>、<2>」は、非常に強力だと思います。白書の勉強って何するんだろう?と思われている方、こちらで十分です。動画を2回転くらいしてテキストを1度通してすると、7割は超えると思います。もっときちっとすれば、きっと8割以上もいけるんだろうなと。(こちら、売り切れるのが早いので、早期の購入をお勧めいたします!)

 なお、1次試験は2回合格しておりますが(つまり二次が2回は落ちてしまったと^^;)、私は2回目受験時、1度合格しているので大丈夫と油断して学習時間をあまり確保せずに挑み、一部得点が不足してしまいました。もし1次試験をまた受験される必要がありましたら、2次で出ない科目は、特に注意されたほうがよろしいと思います。(次はTBCの動画をきちんと聞き学習しなおし、十分得点を確保できました。教材はTBCの提供のもので十分ですので、あとはやるかやらないかだと思います)

 

2次試験の学習(2次集中DVD通信講座の活用)

 速修2次テキスト、2次集中DVD通信講座(短期)、速修2次過去問題集〈6〉平成28~30年度 を活用いたしました。

①速修2次テキスト

  動画を中心に、2次試験とはどういうものか、どう解いていけばよいものか、というのを学習いたしました。特にブロックシートは切り離し通勤時にも確認し、知識の定着に努めました。

 ②2次集中DVD通信講座(短期)

  鬼門であった事例Ⅳに特に注力し、通信講座の問題をすべてやり直しました(私は多年度受験のため、過去複数年のものを含みます)。間違った問題は合うまでやり直しをすることで、問題になれることができるとともに、計算ミスもしないようになりました。結果、今年度の本試験では、時間内に全問解き切ることができました。
 ③速修2次過去問題集〈6〉平成28~30年度
  TBCの模範解答は論理展開がきっちりしており納得感があり、大変素晴らしいと思います。問題を解いたのち、どの視点が漏れていたかを解説を確認して理解し、模範解答を模写し馴染ませました。

 なお、TBCの2次集中DVD通信講座は非常に強力で、まさに同じ設問が出たこともありました。TBCの問題を時間を確保しきちんとしていれば、十分合格圏内の点を確保できるものと思います。

 

中小企業診断士を目指す方へ

 学習の過程で、幅広くビジネスについて学ぶことができ、自分の考えの軸が持てるようになりますので、ぜひ目指されている方はそのまま勝つまで進まれることをお勧めいたします。多年度受験となったため、サンクコストの考えに陥ってしまっていないかと思うこともありましたが、学習過程で得た知識、考え方に無駄はないと信じております。
特に、TBCメソッドの具体→抽象→具体は、仕事のみならず日常でも有用な考え方で、複雑なものごとには特に適用して考えようと意識しております。
TBCのテキスト、動画、通信教育で合格できますので、あとは時間をいかにして確保してやるか、だけだと思います。(自身は諸事情という言い訳で、直前期以外はなかなか学習を進められませんでした。結果多年度となってしまいましたので、結局ある程度の時間は必要なんだと思います。)

中小企業診断士の口述試験を受け合格を確信したのち、興味半分で求人サイトで「中小企業診断士」で検索すると、いくつか出てきました。
転職など考えていなくても、自身の市場価値を客観的に見ることができ、少し感動しました。

苦労して合格したものは喜びも大きいものです。
ぜひ学習を継続し、合格されることをお祈りいたします。