「愚直に積む」

中小企業診断士筆記試験合格者

2019年度2次集中DVD通信講座 米森 啓貴様

中小企業診断士を目指した理由

 定年退職後も見据えて今のうちに本業以外の収入を確保するという理由が大きかったです。また、何人かの友人が美容室や会社を経営しており、何か力になれないかと考えていたところ、中小企業診断士に興味を持ち勉強を始めました。大学時代は理系を専攻していたため経営学や簿記、経済学、法律などの知識はほとんどありませんでしたが、学ぶと非常に面白かったため、中小企業診断士を本格的に目指しました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

 一次試験は早稲田出版社以外の書籍を用いて独学で取り組み、二回目の二次試験でTBCを活用させていただきました。
昨年度の二次試験不合格の直後にその原因を分析したところ、与件文と設問文の分析力や解答プロセスの習熟が足りないことが見えてきました。実は、二次試験の過去問の勉強中にずっとモヤモヤしていたことがありました。それは、各予備校で過去問の様々な模範解答が掲載されていますが、どのような勉強/考え方をすればそのような解答に至れるのか、というものでした。そこで様々な予備校のテキストなどを書店で確認したところ、TBCメソッドの抽象化と具体化の解答プロセスを知りました。さらに与件文と設問文の抽象化のプロセスでは、抽象化ブロックシートで定着させた一次知識を用いて行うことが示されており、解答プロセスを体得するための道筋が明確に示されていました。自分に足りないものはまさにこれだと判断し、TBCの受講を決めました。また、他の予備校と比較して価格もリーズナブルであったことも決定打となりました。

TBC受験研究会活用法

基本テキスト

 基本テキストでTBCメソッドの具体化と抽象化のプロセスと事例ごとのアプローチを学び、その後は抽象化ブロックシートの暗記に取り組みました。演習に取り組む中で抽象化ブロックシートを愚直に覚えることで実力が定着すると感じ始めました。しかし、抽象化ブロックシートを眺めているだけでは覚えられないと判断し、重要な部分を赤色の文字で入力してブロックシートを再現したデータを作成しました。データをスマホに移し、赤シートで隠しながら電車通勤中に抽象化ブロックシートを覚えました。模試、通信講座の演習で地道な取り組みの成果を発揮するために、抽象化ブロックシートの内容を一生懸命思い出すようになり、的確に引き出すことでさらに知識の定着につながりました。このようにして何度も何度も繰り返して読み、知識を引き出すことで、本試験前にはほとんどのシートを暗唱できるレベルに仕上げました。

通信講座

 直前対策を含めた5回の豊富な演習と、追加の抽象化ブロックシートや新試験委員対策などの講義に取り組みました。演習は期日内に必ず提出し、復習も行いました。自分の理解が足りない論点は前述の抽象化ブロックシートのデータに追加し、覚えることに努めました。演習の解説では、優秀答案ともう一息答案の分析が行われ、自らの答案のレベルがどれくらいなのかを知ることができ、改善を図ることもできました。さらに、重要な論点は繰り返し出題されたため、具体→抽象→具体のプロセスを定着させることに役立ちました。直前期の新試験委員対策では、事例Ⅲでポイントとなった工場レイアウトにも触れており、予想が当たっており、非常に助かりました。

スクーリング

 3月にスクーリングに初めて参加した際に、周りの方々のレベルの高さに驚きました。スクーリングでは本試験を模した演習に取り組みます。参加人数にもよりますが、4~6人ほどでグループを組み、それぞれの解答内容を確認し誰の解答が一番よいかをそれぞれ発表します。自分ではうまく解答をまとめられなかった問題に対して、抽象化ブロックシートをしっかり覚え、その内容に基づいて答案作成をされた方に出会ったときにはかなりの刺激をもらいました。このような方がほとんどであるため、スクーリング参加者の半分が合格するという情報を得ていましたが、通常の二次試験の合格率から考えるとグループの中の1人か2人しか合格しないことを意識していたので、自分が周囲よりも遅れていることを毎回のように感じ、挽回したいという気持ちを奮い立たせることにつながったため、モチベーションを得るよい機会でした。実際にスクーリングで「この人すごいな」と思った方は当年度に合格体験記を書かれていました(笑)またグループ担当の講師を交えたディスカッションにおいて、与件文の抽象化に関して様々な切り口の意見が毎回出るため、非常に参考になりました。
これまで動画でしかお見掛けしなかった山口先生がスクーリングでもいつもの動画のように快活かつ明朗な講義も大変勉強になりましたし、毎回元気をいただいていました(笑)もちろん他の講師の方々も非常に親切で元気のある方々だったので、様々な質問に答えていただき、スクーリングの毎回の満足度が非常に高かったです。
 このようにスクーリングでは二次試験の勉強に関する良質な機会を得られましたが、通信講座の受講者のスクーリング参加費は安価かつ月一回の開催なので、そこまで負担にはなりませんでした。

中小企業診断士を目指す方へ

 私は資格勉強の開始から中小企業診断士の最終合格まで4年間かかりました。大学生であれば入学から学士取得、つまり卒業を迎える期間になります。非常に苦しい中で様々なことを犠牲にして合格に至ったと思います。まだ私はスタートラインに立ったばかりであり、合格後にこの資格を生かしてどのように過ごしていくのかがこの4年間の真価を問うものだと思っています。この真価を学士取得以上のものにすると心に誓っており、合格後のサポートも厚いTBCにお世話になろうと考えています。
 ただ、私のように4年もかけずに合格することは可能だと思います。この資格取得までの道筋の中で一つの後悔は、一次試験で早稲田出版社の書籍を活用しなかったことです。前述したように、私は一次試験は早稲田出版社の書籍は活用しませんでした。一次試験は効率よく勉強することが大切ですが、二次試験に向けてしっかりとした一次知識を定着することも肝要です。さらに、一次試験と二次試験で一気通貫の勉強をしていれば、抽象化ブロックシートの暗記やTBCメソッドの定着化もより容易だったと考えています。そのため、今になってはこれらの書籍を一次試験から活用していれば、より短期の合格が可能だったかなと思っています。参考になると幸いです。
 中小企業診断士の勉強では、仕事の繁忙期により勉強時間の確保が難しい時期やモチベーション維持が難しいことがこれからもあると思います。また一番辛いのは、「この教材で果たして合格できるのだろうか?」「この解答プロセスで問題ないのだろうか?」という疑念が生じることです。しかし、早稲田出版のテキストやTBCの講座、スクーリングに愚直に食らいついていけば間違いなく合格できると断言できます。この体験記を読んでTBCを試してみよう、と思ってくださる方が一人でもいらっしゃれば嬉しいです。
 最後になりますが、皆様の実りある挑戦と最高の成果が出ることを祈っております。頑張ってください!