3度目の正直

中小企業診断士合格者

2019年度2次集中DVD通信講座 石井 俊哉様

中小企業診断士を目指した理由

簿記2級を取得後に新たに勉強する資格を探していたところ、自分の社会人経験に関連した試験科目が多く、体系的に経営に関する知識を勉強できる中小企業診断士に魅力を感じたことがきっかけです。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

○1次試験

1次試験は最初から独学を考えていました。複数の予備校のテキストを比較し、「速修テキストシリーズ(早稲田出版)」には
・テキストに小問題及び論点別過去問が付属している
・YouTubeで無料講義の閲覧ができる
この2点のメリットに惹かれて速修テキストを選び、診断士合格まで一貫して速修テキストを使い続けました。

○2次試験

紆余曲折を経て、3回目の2次試験挑戦時にTBCの2019年度2次集中DVD通信講座を選びました。その理由は
・1次試験合格に導いてくれたTBCへの安心感
・2次試験で必要な知識が凝縮された抽象化ブロックシート
・本試験と同様の考え方で作られた演習問題と的確な添削アドバイス
・豊富な量の事例Ⅳ特訓演習
・月1回のスクーリングによる自分の力量把握
・これだけ濃密な内容にもかかわらず、価格がリーズナブル
合格後の支援体制が整っている

「これでダメなら中小企業診断士を諦めよう」という思いで、TBCを信じて受講しました。

TBC受験研究会活用法(早稲田出版)

○1次試験

・インプットとアウトプットが完結するテキスト

テキストとYouTubeの講義動画で一通りインプットを行った後、論点別過去問を解きました。不明点についてはテキストや講義動画を再度確認し、また過去問を解く・・・というサイクルを何度も繰り返すことで知識が蓄積され、本試験の問題形式に慣れることができました。

○2次試験

・抽象化ブロックシート

速修2次テキストの抽象化ブロックシートを印刷し、常に通勤カバンに入れて暗記するともに、過去問や演習を解く際にブロックシートの知識を思い出す練習を行いました。本試験では設問分析時の解答軸の組み立てや、与件文と1次知識との関係性の分析などに役立ち、ぶれない解答を作ることができました。

・実力完成演習、模試

1回目に解くとき:
本試験同様に80分で解くことを心掛けました。場所は家や図書館、喫茶店など環境を変えて行いました。
その後模範解答と比較し、抜け漏れがあった要素については、なぜ漏れたか?どうすれば漏れが防げるのか?など自分の解答プロセスをさかのぼり、反省点をブロックシートに書き込んで忘れないようにしました。
演習や模試の回を重ねるごとに得点が上がっていき、大きな自信につながりました。

答案分析:
YouTubeで閲覧可能な優秀答案・もう一息答案と自分の答案を比較し、書き方や自分が使えなかった用語などをブロックシートにメモをし、復習に役立てました。
自分と同じ受験生の方の解答を見ることができ、「もっと頑張らなくては」とモチベーション向上につながりました。

2回目以降に解くとき:
前回漏れていた要素が抜き出せるか?解答文の因果が成立しているか?与件から離れたことを書いていないか?などに気を付けながら繰り返し復習を行いました。

・事例Ⅳ特訓演習

「本試験の最後の科目である事例Ⅳに苦手意識がなければ、事例Ⅰ~Ⅲで慌てることはなくなるだろう」と考え、何度も繰り返し演習を解き、問題を読んだ瞬間に解き方が出てくるまで復習しました。また、ミスした箇所についてはミスノートを作成し、定期的に読み返し同じミスを何度もしないように訓練しました。
TBCの事例Ⅳ特訓演習は演習量がとても多く、制約条件が本試験同様に細かい設問があり集中して解く必要があるため、緊張感をもって演習を行うことが計算力向上につながり、本試験でも落ち着いて対応できました。

・スクーリング

月1回のスクーリングで得たことの中で、特に大きい点は、
①人の解答を読むことができる
自分と同時期に勉強中の方々の解答を読むことで、自分と比較して足りない点は何か?を得ることができました。
②自分の解答の評価が聞ける
自分の解答が一番!と思って書きますが、それに対して客観的に読み手がどう思ったのかを聞けるので、自分の良い点と悪い点を冷静に理解することができ、解答作成の改善に役立てることができました。

中小企業診断士を目指す方へ

 長年の中小企業診断士受験指導から蓄積されたノウハウをTBCは持っています。そこから生み出されたTBCが提供する教材や演習を信じて地道にこなしつつ、講義内容や演習の目的をしっかり自分の中に腹落ちさせることが重要だと思います。
また、私は3回2次試験を受験しており、その間妻や子供に負担をかけました。診断士試験に挑戦する前に、妻には「挑戦する理由」「取得後どうしたいか」などを話して理解を得ました。ご家族がおられる方はぜひ思いを伝えて理解を得ることをお勧めします。

皆様の置かれている環境は様々だと思いますが、是非合格を勝ち取ってください。