「私が開眼できた体験」

中小企業診断士筆記試験合格者

2019年度2次集中DVD通信講座 山田 聡様

中小企業診断士を目指した理由

 自らの知識を客観的に評価するバロメーターが欲しかったためです。
私はメーカーの経営企画部門に勤務しておりますが、診断士受験を志す前から日々の業務をこなす中で経営理論や会計・財務等の知識の必要性を痛感しておりました。関連する書籍や外部の研修を通じて自己研鑽に勤しんでいましたが、ただ闇雲に取り組んでいたため、自分でも成長している実感はあまりありませんでした。そうした中、中小企業診断士の存在を知り、経営全般に関わる分野を体系的に習得できる国家資格であったことが受験に踏み出したきっかけです。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

【TBC受講前(昨年度)】

受験初年度である昨年度は独学で受験に挑み、結果1次合格、2次不合格でした。
1次試験は量としては多いものの、正解が公表される試験のため、問題集や過去問を繰り返し解くこと以外に方法はなく、ある意味取り組みやすい試験であると思います。
しかしながら、2次試験は解答が公表されない試験のため、勉強しながらも自分の解答プロセスに自信を持てず、その結果惨敗となりました。今となっては、昨年度は解法の軸を持っておらず、再現性のない解答を繰り返していたのだと実感します。そうした中、2回目の受験もこのままでは同じ結果となると思い、複数の受験予備校を比較検討しているときにTBCと出会いました。

【TBCを選んだ理由】

予備校選びをするにあたって、まず行ったのは、昨年度試験の各予備校が出している模範解答を調達し比較検討してみました。当然どの予備校の解答もなるほどなあ、と感心してしまうのですが、TBCの解答だけが異色さを感じました。それは何というか解答自体というより、解答に至るまでの思考プロセスが全然違うのではと直感的に思い、すぐに興味を持ちました。色々調べているうちにTBCはYou Tubeで2次速修テキストの講義動画を視聴できることを知り、「具体」⇒「抽象」⇒「具体」という解法プロセスの存在を知りました。
これは自分には衝撃で、「2次試験は1次試験の知識を与件文と設問条件という制約の中で解答するだけなんだ」と気付かされました。解答の軸が欲しかった自分にとってはこれしかない!と感じ、すぐに2次集中DVD通信講座を申し込みました。

TBC受験研究会活用法

インプットは2次速修テキストの「抽象化ブロックシート」、アウトプットは2次集中DVD通信講座の「実力完成演習」で、このインプットとアウトプットをひたすら繰り返すことで解答の軸を作ることができます。

【2次速修テキスト】

とにかく「抽象化ブロックシート」を暗記していきます。最終的には与件文や設問分を見ただけで、ブロックシートのどれを使えばいいか即答できるレベルまでやり込みました。読んだだけではなかなか覚えることができないので、自分でA4ノートにブロックシートを書き写しました。ポイントとしては1つにつき、1~2ページ分確保しておきます。実力完成演習などで問われた論点の余白部分に、解答に至ったプロセスや考え方を書き足していくことで、覚えただけの知識から2次試験に使える知識に昇華させていきます。こうすることで自分自身に最適化された抽象化ブロックシートが2次試験を戦う「武器」となります。

【2次集中DVD通信講座】

問題演習はやみくもに解くのではなく、目的を持って取り組むことで学習の効果が何倍も違います。演習ではとにかく「具体」⇒「抽象」⇒「具体」という解法プロセスから外れないように意識しました。「具体」⇒「抽象」では与件文や設問要求に注意して抽象化ブロックシートの該当箇所を特定すること、「抽象」⇒「具体」では抽象化ブロックシートの知識を事例企業に照らして解答を作成することです。事例Ⅰ~Ⅲは演習量を多くこなす必要はありません。TBCの実力完成演習は試験委員の研究領域にスポットを当てた良質な問題となっているので、繰り返し何回も解法のプロセスを復習することが合格への最短ルートだと思います。

中小企業診断士を目指す方へ

2次試験は一見掴み所がない試験に感じますが、1次試験の理論的背景が与件文に散りばめられています。自分もTBCの演習を通じてこのことに気付いたのですが、診断士の受験生界隈で言うところの“開眼”を体験しました。皆さんもTBCで合格を掴み取って下さい!