「多年度劣等生が7度目の二次試験で合格できた理由」

中小企業診断士筆記試験合格者

2019年度2次集中DVD通信講座 吉富文司様

中小企業診断士を目指した理由

 某食品会社に勤務する私は、20代後半と40代半ばの2回の海外赴任で「日本のものづくり」の優秀さを痛感し、日本と海外をつなぐ仕事に携わりたい、と考え始めました。
私は技術士(水産加工)と博士号(学術)を取得していますが、ビジネスに関わる幅広い知識が不足しており、それを補い、しかも公的な資格が取得できる中小企業診断士を目指しました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

 私が昨年まで在籍した他の予備校では常に下位集団で、成績も伸び悩んでいました。そこで友人が(平成29年度合格)TBC受験研究会を勧めてくれたのが直接の理由です。

説明会で山口先生のお話を伺い、「TBCメソッド」は非常に論理的、かつ合理的で多年度生の壁にぶつかっている自分に合格への道を切り開いてくれる、と確信しました。
 
 具体的には以下の点がTBC選択の要因です。
①一次と二次の充実した講義がYouTubeで無料配信され、しかも、一次テキストには穴埋め問題、択一問題、過去問等の問題集、二次テキストには過去の出題傾向を分析し、二次試験に使える一次知識をまとめた「抽象化ブロックシート」が付属し、コストパフォーマンスが非常に高いため。
②「具体→抽象→具体」のTBCメソッドは近年の二次試験出題傾向に対応しており、さらに事例企業を実際に訪問し、社長との面談を通じ、事例問題との差を比較、検討し、試験委員の出題傾向を把握するなど試験環境分析を徹底しているため。

TBC受験研究会活用法

①一次テキストについて

 学習の進捗と成果確認のためにテキストの章立てに沿ったYouTube放映時間と巻末の過去問の一覧表をExcelで作成し、学習計画を立てました。

一次試験は6回目である程度の知識はあったため、最初にテキスト巻末の過去問に取り組み、結果をチェックし、知識の不完全な部分のみ講義を聴講して知識の補強を図りました。一次試験合格はTBCのテキストのみで充分可能と思いました。

②二次テキストについて

 8月まではテキスト前半の「二次試験の傾向と対策」、「2次試験攻略法」の聴講を行いました。一方、「抽象化ブロックシート」については、一次試験にも充分に活用できるため、すき間時間を利用して繰り返し学習を行いました。8月以降は、後半の「科目別攻略編」を中心に、実際に手を動かして答案を作成し、TBCメソッドの定着を図りました。

③二次集中DVD通信講座、スクーリングおよび二次過去問題集(平成28~30年度)について

 添削課題の赤ペン答案復習を主に、「与件からのキーワード抜き書き答案作成」から脱却し、TBCメソッドを習得することを心がけました。しかし、長年染みついた癖の矯正には本試験直前までかかってしまいました。

添削答案返却時には受験生答案から事例毎の「優秀答案」と「もう一息等案」が選ばれ、YouTubeに詳細な答案分析がアップされます。自分は「もう一息答案」には二度選ばれましたが、山口先生から欠点をズバリと指摘された上で「知識を活用すれば70~80点はとれる」とのコメントを頂き、大きなモチベーションになりました。

また、都内で定期的に開催されるスクーリングにも参加し、グループディスカッションの中で山口先生始め講師の方々からの直接のご指導を頂き、他の受験生の考え方や答案記述の優れた点を学び、大いに刺激になりました。

さらに、TBCの二次過去問題集(平成28~30年度)を活用しました。かつては、やみくもに過去問に取り組んだ時期もありましたが、実力はほとんど伸びませんでした。そのため、近年の試験傾向変化を踏まえ、過去問は直近3年間のみに絞り、TBCの模範解答を参考として重点的に取り組みました。

中小企業診断士を目指す方へ

私と同じ間違いをされないため、以下の点を申し上げます。

①二次試験傾向の変化に対応せず、毎年同じことを繰り返していたため、合格できませんでした。怠けていた訳ではなく、かなり努力はしましたが、「間違った方法を正しくやる」では合格への到達は困難です。TBCで1年間学び、「正しい方法を正しくやる」ことを学んだから成果が出たと思います。

②受験歴が長い自分の一次知識は充分である、と驕っていましたが、二次試験で使えるレベルまでには至っておらず、曖昧なままでした。そこで、二次テキストの「抽象化ブロックシート」を繰り返して一次知識の定着を図り、二次試験で使いこなせるレベルまで来たことが勝因の一つだと思います。

③大部分の受験生はまとまった勉強時間の確保は難しいと思います。そのためには無駄を省いた効率的な学習が必要です。TBCメソッドは合格にこだわった非常に論理的で合理的なメソッドです。特に多年度生の方は一度、自分のスタイルを捨ててTBCでリスタートしては如何でしょうか。「正しい方法を正しくやる」ことが合格への近道だと思います。