「まさかの火の玉ストレート合格」

中小企業診断士筆記試験合格者

2019年度2次短期DVD通信講座 香川 遼太郎様

中小企業診断士を目指した理由

元々グループ会社の企画・管理の仕事をしており、業務に活かせる専門知識を習得できないかと考えていました。そこであるグループ会社の社長と話をしていた時に、中小企業診断士なる資格があることを聞き、書店で参考書を手に取ったのがきっかけでした。初めは受験までは考えておらず、「まあ業務に活かせる知識が身につけばいいだろう」くらいの思いで勉強を始めたのですが、勉強していくうちにのめり込んでいきました。また、自分の勤務先の会社が大企業に買収されるという発表もあり、何かスキルを身につけないと生き残っていけないのではないかという危機感も手伝って、中小企業診断士を目指す決意をしました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

受験するにあたりあまりお金はかけられないことから予備校通学は考えておらず、独学で合格することはできないかと考えていました。そこでインターネットで情報収集していた所、コストパフォーマンスならばTBCが最高であるという情報を見つけました。早速書店に行って本を手に取ってみると、膨大な量の講義動画が無料で視聴できるということで、目を疑う衝撃でした。また、テキストの中身もシンプルな二色刷りで見やすく、過去問まで付いており、これは独学者にとってベストの選択肢だと思いTBCの速修テキストを使って勉強することを決めました。一次試験合格後は、引き続き二次試験の勉強法について情報収集し、添削指導を受けた方が良いことがわかりました。TBC短期講座は通信講座である為自分のペースで勉強できること、そしてやはり他社と比較して断トツのコストパフォーマンスであることから二次試験でもTBCで勉強することを決めました。

TBC受験研究会活用法

一次試験については、速修テキストと無料講義動画を使ってインプットを行いました。会社帰りにカフェで講義動画を視聴し、翌日の通勤電車の中でテキストを読んで復習するというサイクルで勉強していました。マインドマップを作ってみたりもしましたが、最終的には余計な手間をかけずにひたすらテキストを読み込んで覚えるという方法が最も効率的であったと思います。またテキストについては、裁断しスキャナーでデータ化した上でiPadに取り込んで、スキマ時間にいつでも読めるようにしていました。これにより7科目全てのテキストを持ち運ぶことができ、いつでも科目を切り替えることができますし、荷物も軽くなり体への負担も減りました。

二次試験については、速修2次テキストと2次短期DVD通信講座で勉強しました。勤めている会社の昇格試験があったり、プライベートでのイベントが控えていたりと、添削指導については結局一度も提出できず、勉強時間も多く確保できない状況でした。「今年の二次は記念受験で、来年が本番かな」と思っていましたが、そのような状況でも、できるだけのことはやろうと思い、抽象化ブロックシートだけはとにかく頭に叩き込もうと専念しました。知識さえ持っていればどんな問題が来ても何かしらこじつけて書けるだろうと考えたからです。結果的にはこれが功を奏したのだと考えています。覚え方の工夫として、例えば事例Ⅰならば「戦略」「組織構造」「組織行動」「人事」と各レイヤーごとにブロックシートの番号を分類し、「アウトライナー」というアプリを使って打ち込んで整理し、知識として取り出しやすいように覚えました。打ち込みの作業によって記憶も定着しましたし、問題を見たときにどのレイヤーのどの知識を使うかが判断しやすくなったと思います。

中小企業診断士を目指す方へ

全合格者を見回してみても自分ほど勉強時間が少なく、行き当たりばったりの人はあんまりいないんじゃないかなと思います。それでも独学でストレートで合格出来ました。その要因の1つは、常にいい方法を探して効率的に勉強できたことではないかと思います。勉強のデジタル化もその一つです。もう1つは勉強を楽しめたことだと思います。勉強が嫌だと思ったことはあまり無く、常に興味を持って取り組めたと思います。これから合格を目指す方は、自分に合ったやり方を見つけてそれを貫いてほしいと思います。とにかくやってみなければ始まりません。TBCの教材はいずれも低価格・高品質で敷居が低く、まず少しかじってみるというのには最適だと思います。自分も最初は「このテキストなら安いし、途中で挫折しても大した痛手にならないだろう」くらいの不純な動機でした。この体験談を読んで1人でも診断士を目指す方が増えてくれれば幸いです。頭の良し悪しやセンスで決まる試験ではなく、根気さえあれば受かる試験だと思います。頑張ってください。