「合格への鍵は勉強へのモチベーション」

中小企業診断士筆記試験合格者

2019年度2次短期DVD通信講座 平河 貴志様

中小企業診断士を目指した理由

 中小企業診断士を目指した理由は金融機関に勤めていた際に、法人の顧客に対してよりよい提案がしたいと思ったためです。経営に関する知識を体系的に学べると思い中小企業診断士の資格取得を目指しました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

 講義動画を見ることで勉強へのモチベーションが維持できると考えたからです。私は1次試験全科目不合格という経験を2回しました。不合格の要因は他校の市販テキストを使用して勉強を進めていましたが、モチベーションの維持ができず勉強をあまりしないまま本試験に臨んでしまったことです。勉強の方法を変えなければ合格することが難しいと考え、改めて教材選びを再検討しました。そこで出会ったのがTBCのテキストでした。市販されているテキストにも関わらず動画講義が無料でYOUTUBEアップされていることに衝撃を受けました。実際に講義動画を視聴し勉強を進めることでモチベーションが維持でき、勉強を習慣化することができました。

TBC受験研究会活用法

1次試験

 学習当初は講義視聴→過去問演習のサイクルを繰り返して学習しました。企業経営理論、経済学などの理解が重要となってくる科目については何度も講義を視聴して理解を深めました。直前期はひたすら過去問演習を行い苦手な論点をなくすアウトプット中心の学習を進めました。

2次試験

 1次試験までは2次試験対策の時間を確保できなかったため1次試験終了後に学習を開始しました。速修2次テキストの講義を視聴したのちに演習問題に取り組みました。演習問題を解いた後にすぐに解説講義を聞き、設問分析ができているか、軸がブレていないか確認しました。
 添削結果が返ってきたら、2回目の復習として優秀答案ともう一息答案の答案と見比べながら講義を視聴しました。また優秀答案の方の言い回しを真似できるよう復習を行いました。3回目以降の復習は設問分析、解答骨子の作成のプロセスの繰り返し行い、解答の軸がブレをなくす学習を行いました。
 知識面については抽象化ブッロクシートを持ち運べるように切り離して何度も繰り返し読みました。理解が浅い部分については1次の講義動画をもう一度視聴し、知識を使えるレベルまで持っていくように努めました。

スクリーング

スクリーングに2回参加しました。山口先生のパワフルな授業を生で受講できモチベーションが上がりました。また演習問題を解く際には本番さながらの雰囲気となり、緊張感を体験することができました。演習問題を行った後のグループディスカッションでは他の人の解答を評価したり、思考プロセスを聞くことができるので非常に勉強になりました。

中小企業診断士を目指す方へ

 中小企業診断士の働きながら受験される方が多いため、仕事やプライベートの影響で挫折される方が多いかと思います。私自身、1次試験に2回失敗してしまいしたが、TBCに出会い勉強へのモチベーションを上げ、3回目の受験で1次試験に合格し、その勢いのまま2次試験も突破することができました。
 1次試験についてはしっかり学習を行えば合格できる試験ですので、モチベーションを維持して学習を続けることが重要です。2次試験についてはTBCメゾットの具体→抽象→具体プロセスと抽象化ブロックシートの知識を用いることで合格レベルに達することができます。是非TBCのテキスト、講義を使い倒して合格を勝ち取ってください。