スクーリングのすすめ

中小企業診断士筆記試験合格者

2019年度速修2次テキスト 道本 浩司様

中小企業診断士を目指した理由

 管理職として自分の属する組織のマネジメントはできるようになってきましたが、一方で自分の属する組織や業界でしか通用しないマネジメントではないかと思うようにもなりました。そこで、マネジメントや経営に必要な一般的かつ広範な知識を得るために、中小企業診断士の勉強が役立つのではないかと思い、自己啓発の取り組みとして始めました。

なぜ、TBC受験研究会(早稲田出版)を選んだか

 もともと自己啓発の取り組みで始めましたので、費用はかけたくないという思いがありましたが、その中でもTBCは圧倒的にコストパフォーマンスが高いことです。実際、中小企業診断士に合格しますと診断士の資格を維持していくだけでも費用はかかりますし、診断士活動を行っていくにはさらに初期費用やランニングコストもかかります。したがって、受験生期間で多くの出費を伴うことは避けたいと思い、動画を無料で視聴できるTBCを選びました。

TBC受験研究会(早稲田出版)活用法

速修2次テキスト

 動画内容が優れているのはもちろんですが、抽象化ブロックシートは過去の2次試験で問われた1次試験の知識をモレなくかつコンパクトに纏められています。私は原始的ですがテキストの抽象化ブロックシートの部分を切り取り、隙間時間を活用して覚えるようにしていました。また、過去問を解いたときに抽象化ブロックシートの何番の知識を活用し、どのように解答へ盛り込んでいくのかを必ず確認しました。実際、2次試験でも、抽象化ブロックシートの内容は全ての事例において活用しましたし、活用できれば合格ラインへ確実に近づきます。

スクーリング

 私は関西在住なので大阪開催のスクーリングを受講しました。独学のデメリットの一つとして、自分の解答の長所や改善点を客観的に把握することが難しい点だと思います。私はこの弱点を別の方法で克服しましたが、スクーリングやDVD講座を受講されることにより合格ラインへより確実に近づけるのではないかと思います。スクーリングではオリジナルのミニ事例をその場で解答し、受講生とのディスカッションを通じて自分の解答の長所や改善点を把握し、他の受講生の解答プロセスなどを吸収することができます。何より山口先生の熱意ある生講義を拝聴することで、以後の動画を視聴するときに臨場感や親近感が高まり動画内容も頭に残りやすくなったと思います。

中小企業診断士を目指す方へ

 合格すれば、自分自身に自信がつくのはもちろんですが、様々なフィールドで活躍し、かつ中小企業診断士を目指して頑張った志の高い方達と接する機会が数多くあります。これらの機会を通じてさらに自分自身を高めていくことができます。確かに勉強をしていて辛いときもあるかもしれませんが、合格すれば自分自身の世界を広げられることを信じて、最後の最後まで諦めずに頑張ってください。必ず合格に近づきます!