演習の積み重ねが本番での最後の一押しに

2018年度2次集中DVD講座 鈴木 一郎様

中小企業診断士を目指した理由

 私が中小企業診断士を目指したきっかけは、勤務先で希望と異なる異動内示を受けたことでした。勤め人にとっては、ごく普通の出来事です。そのまま受忍して、仲間内で愚痴でもこぼし合うのが一番楽な選択肢だったと思います。
 しかし、その時、私の脳裏に2つの考えがよぎりました。「①果たして異動希望について、自分自身のプロモーションは十分だったか」、「②そもそも異動希望の成否に左右され続ける職業人生で良いのか」というものです。
 そこで、①希望の部署にふさわしい人材であることのシグナリングとして、②働き方の選択肢を広げるための学習機会として、中小企業診断士を目指すことを決意しました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

 私の場合、地方在住ということもあり、通信教育での受講が可能であることを条件に受験校選びを進めました。いくつかの受験校を比較・検討する中で、私がTBC受験研究会を選ぶ決め手となったのは次の3点でした。

(1)通信教育に特化していて、価格と品質のバランスに納得感・安心感がある
(2)長年の受験指導実績に対する信頼感・安心感がある
(3)理論政策更新研修等も手掛けており、合格させること・合格後のサポートへの本気度の高さが窺える

 ただし、私の場合、実際にTBC受験研究会を受講してみて、そこで初めて気付いたメリットも沢山ありました。こうして振り返ってみると、むしろそちらの方が「TBC受験研究会を選ぶべき真の理由」だったのではないかと感じています。
 それらのメリットは次の「TBC受験研究会活用法」で紹介しますので、「TBC受験研究会に申し込もうか迷っている」という方は、是非そちらも参考にしてください。

TBC受験研究会活用法

 まず、私が2次試験を振り返って強く感じているのは「2次試験は制限時間80分だから難しい」ということです。1次試験の知識で十分に対応できるはずの問題でも、80分以内に①与件文と設問要求を正確に理解し、②頭の中から必要な知識を取り出して、③事例企業に合わせた掘り下げを行い、④制限文字数の範囲内で解答するためには相当な訓練が必要です。また、知識も「知っている」だけでは不十分で、実感を伴っていることが求められます。実感を伴っていないと、制限時間内に解答を掘り下げ切れず、狭く浅い解答になってしまいがちです。

 このため、2次試験の合格には①努力の方向性を間違えずに、②知識を実感できるレベルまで昇華させながら、③十分な訓練を積み重ねていくことが欠かせませんでした(私の場合です)。そしてTBC受験研究会の2次集中DVD通信講座は、これらの課題を克服する上で最高の教材でした。その理由は次の2点で、私はこれこそが「TBC受験研究会を選ぶべき真の理由」だったと感じています。

(1)試験委員の作問過程にまで切り込んだオリジナルの演習問題
 TBC受験研究会の演習問題は、試験委員の作問過程にまで切り込んで、直近の試験傾向を徹底的に分析した上で作成されています。このため、TBC受験研究会の演習問題を反復練習することで、正しい方向性の訓練を効率よく積み重ねることができました。
 また、解説講義では試験委員の心理や作問過程についても、多くの示唆を得ることができます。これにより①与件文の中の隠されたキーワードにも反応できる、②解答に直結しない箇所のムダな深読みをしなくて済むようになり、解答の方向性がブレにくくなりました。

(2)豊富な演習機会と演習後のサポートの充実
 TBC受験研究会は教材の質だけでなく量も豊富です。年明けから試験直前まで、ほぼ月に1度のペースで演習問題等に取り組み続けることで、本番さながらのアウトプットの訓練を積み重ねることができます。
 そして、講師陣の豊富な実務経験に裏打ちされた解説講義により、模範解答が「なぜこういう方向性なのか」、「なぜこういう掘り下げ方なのか」についてじっくりと学ぶことができます。また、演習問題ではバラエティに富んだ業種・業界を取り扱うため、解説講義は未知の業種・業界に対するインプット教材としても重宝します。
 更に、TBC受験研究会は演習後のサポート体制も非常に充実しています。添削指導、優秀答案分析講義、メールでの個別質問指導などを通じて「なぜ自分の解答では得点が伸びないのか」ということと真剣に向き合うことになります。
 これはとても苦しい作業でしたが、ここを乗り越えることで少しずつ、解答作成に必要な知識や技術を使いこなせるようになっていきました。

中小企業診断士を目指す方へ

 自分自身もそうでしたが、企業等で働きながら中小企業診断士を目指す方にとっては、試験本番だけでなく受験勉強も時間との闘いになると思います。働きながら中小企業診断士を目指すことは過酷な道のりですが、TBC受験研究会を信じて、努力を積み重ね、是非とも合格を勝ち取ってください。