ロジカルで明確なTBCメソッドを選択

2018年度2次集中DVD講座 新井 陽子様

中小企業診断士を目指した理由

事業企画の仕事に携わるようになり、自己啓発として始めました。同じ勉強するなら資格も取得できた方が良いと思い、中小企業診断士を目指すことにしました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

私は2年目の2次試験対策でTBCにお世話になりました。
1年目の2次試験後、各受験機関の解答速報を見て、一番説明がロジカルで明確だったことからTBCに決めました
1年目の2次試験の時点では、論点が頭の中で整理できていない状態でした。ですから論点を網羅的に整理したいと思っていました。TBCメソッドの「具体→抽象→具体」を聞いて、これなら論点を整理しやすいと思いました。
また「設問文を一度抽象化することで、間違った時のリスクが少なくなる。」と聞いて、なるほど!とも思いました。
受験勉強2年目ということもあり、アウトプットを中心に勉強したかったので、アウトプット中心のカリキュラムも決め手でした。

TBC受験研究会活用法

抽象化ブロックシートは2次試験に必要な知識が集約されており、自分の頭の中の整理に役立ちました。勉強を通じて獲得したことを追記しながら、自分にとって使いやすい道具に仕上げていきました。
抽象化ブロックシートは隙間時間を使って覚えました。目からだけでなく、耳からもインプットして、勉強に使える隙間時間を増やしました。抽象化ブロックシートを通勤などの電車の中で見るだけでなく、内容を自分で読み上げ、ボイスレコーダーに録音し、通勤で歩いているときや、家事のときに聞けるようにしました。

財務では、MD分析を身に付けることで経営分析の指標を、素早く精度よく選べるようになりました。MD分析ではすべての指標を計算するわけですが、電卓の使い方も講義してくださったので、計算が早くなり、機械的なプロセスで、結果的に早く正しい指標を選べるようになりました。

応用講義や直前対策講座はしっかり復習することをお勧めします。試験委員の分析に基づいた講義内容で、今年も講義の内容が本試験で出ました。
TBCはアウトプット中心であり、合格後のキャリアアップのフォローも充実していて、コストパフォーマンスが高いと思います。

中小企業診断士を目指す方へ

TBCの講義の中では実務の話もよく出てきます。勉強しながらも、合格後の活動イメージを明確にできて、モチベーションが維持しやすかったです。
合格後は活躍の幅が広がります。合格後にいろんな方のお話を聞くと、様々な活躍事例があってびっくりしました。
資格試験のための勉強では、あきらめなければ必ず合格できます。自分のモチベーション維持のポイントを見つけて、合格を勝ち取ってください。