TBCメソッド ~合格への道標~

2018年度2次集中DVD講座 後藤 靖治様

中小企業診断士を目指した理由

社内での日常業務の改善を行う際に活用できる知識やノウハウをネットで検索している時に、偶然、見つけたのが中小企業診断士でした。そして、経営コンサルタントとして独立し、多くの企業経営に携わることで社会に貢献したいという大きな目標を抱くようになり、中小企業診断士を目指しました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

幾つかの2次試験の受験校の説明会に参加した際、受験校ごとに問題の解き方 (メソッド)があり、どれも精度が高いメソッドである事は感じたのですが、私にはそれらのメソッドの使い方がよく理解できませんでした。
しかし、TBCのメソッドである、具体(設問解釈)→抽象(1次知識)→具体(解答作成)のステップと1次試験の知識をまとめた抽象化ブロックシートの教材はとても理論的で分かりやすかったので、「私の望んでいた物はこれだ!」との思いを強くしました。
また、講義をネットで視聴しましたが、講師の丁寧な解説や読みやすい板書を観たときにプロフェッショナルな指導者だと感じ、TBC受験研究会を選びました。

TBC受験研究会活用法

1)TBCメソッドである、具体→抽象→具体のプロセスを習得するためにDVD講義を理解できるまで何回でも視聴しました。
2)DVD講義と解説冊子の疑問点は、質問メールを送信すると、動画講義の担当講師が解説を返信して下さるので理解度が深まりました。
3)演習の答案添削後に優秀答案解説の動画講義を視聴し、優秀答案と自分の答案との比較を通じて、その作成精度が高められました。
4)抽象化ブロックシートにDVD講義の内容を追加して抽象化ブロックシートをカスタマイズすることにより1次試験の知識の質と量とが高められました。
5)1次試験の知識が不十分な時には、TBCが発行する1次試験用のテキストを参考にすることで知識の整理や理解をすることが出来ました。
6)スクーリングに参加して制限時間内での解答の作成の訓練や他の受講生との交流を通じてモチベーションが高められました。特に1次試験終了後のスクーリングは1次試験に基づく内容のため2次試験対策に有効でした。

中小企業診断士を目指す方へ

講師による受講生の立場に立った丁寧な解説・指導を通じて、TBCメソッドの使い方の精度を継続的に高められたことが合格への要因と考えています。
信頼できる講師陣による講義を受けられた事に感謝しております。一度、TBCの説明会に参加してみては如何でしょうか。