koushi-torishima2次試験をお受けになるみなさま、こんにちは。
主任講師の鳥島朗広です。

いよいよ本試験が迫ってきました。
お忙しい毎日のなかでも学習を続けてきた 成果を発揮するときですね!
普段の実力を出し切っていただけるよう、 私からは3つのポイントをお伝えいたします。

1.自信を持ってください

いままでは謙虚に学習をしてきた方であっても、直前期と当日は、自信を持って強気で行きましょう。
気持ちで負けてしまったり、試験会場の雰囲気に飲まれてしまったりしては、もったいないからです。
「自分が合格しなくて、誰が合格するのか!」という気持ちで、会場入りして下さい。

2.時間との戦いを意識してください

ご存じのように、本試験は時間との戦いでもあります。特に筆記試験の場合は、書き下ろしの作業に時間が
かかるため、時間配分を間違えると取り返しがつかなくなってしまいます。「設問の確認に3分」「与件の
読み込みに15分」「経営課題の設定に5分」といったように、取り組み手順と、手順別の時間配分を想定しておいて下さい。

3.基礎知識を定着させてください

時間との戦いを制するためには、基礎知識が素早く出てくると、大変有利です。設問や与件を読んだときに、
基礎知識が素早く出てくれば、問題点の本質を捉えたり、将来ドメインを設定したりするときの思考スピードが
格段に速くなります。また、属人的な思いつきを排除することができるため、客観性や論理性の高い解答を
作ることができます。中小企業白書の成功事例にも目を通しておくと、ベンチマークの素材にもなります。

中小企業診断士のお仲間になっていただけることを楽しみに待っておりますので、ぜひとも合格を勝ち取ってください。