清水様

「TBCで楽しく勉強」


中小企業診断士を目指した理由

診断士の資格を持つ職場の先輩に薦められたことがきっかけです。当時私は営業職で中小企業と接する機会が多かったため、経営に関する幅広い知識を習得することで仕事に役立てたいと考えました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

TBC受験研究会を選んだ理由は、①中小企業診断士専門の学校であること、②大手受験校よりも講師との距離が近く、親身に相談に乗ってくれそうであること、③試験対策だけでなく合格後のサポートも充実していること、④価格が良心的であること、です。
私は1次、2次ともにTBCで勉強しました。どちらも共通して、受験テクニックだけではなく、合格後を見据えた学習に重点を置いているところがTBCの良いところだと実感しています。

TBC受験研究会活用法

診断士の受験勉強において、モチベーションの維持が何より重要ではないかと思います。私は、TBCの講義が面白かったこと、先生方のサポート体制が充実していたこと、この2点のおかげで最後まで諦めずに勉強できたと思っています。

TBCの講義は、先生方の豊富なコンサルティング経験談や、新聞に載っていた大手企業の戦略の解説など、実例に富んだ面白い講義であったため、授業に出ることを苦に思うことは一度もありませんでした。単に知識やパターンを丸暗記するのではなく、実例をイメージしながら理解を深めることで、“使える知識”を定着させることが出来たように思います。時には“診断士試験ではここまで求められないが実務でよく使う知識”など好奇心をくすぐるような雑談もあり、合格後の実務を意識しながら前向きに勉強することが出来ました。

またTBCでは「何をやればよいのかわからない」といった漠然とした学習方法の相談から、個別の質問まで、親身に応じてくれます。一人であれこれ悩むより、多くの受験生を指導してきた先生に質問して、頂いたアドバイスを素直に受け入れ実行するよう心掛けていました。例えば、2次試験の解答プロセス(具体→抽象→具体)の中で、どこが自分の弱いところなのかを先生に指摘してもらったことがあります。弱いところを集中的に対策することで、安定した点数をとれるようになりました。2次事例演習では、丁寧な添削をしていただけます。点数が良い時も悪い時も、コメントを見ながら自分の答案をじっくり振り返り、復習していました。

中小企業診断士を目指す方へのメッセージ

私が勉強を始めたのは社会人2年目の時で、経営に関する知識も経験も全くありませんでした。試験対策や勉強時間の確保は大変でしたが、講義やテキストで学ぶ内容すべてが新鮮で興味深かったため、楽しく勉強することが出来ました。そう思えるのもTBCで勉強したからだと思います。

もし小手先だけのテクニックや解答パターンの暗記が中心の勉強だったら、楽しく学ぶどころか、何のために勉強しているのかわからなくなり投げ出していたかもしれません。自分のモチベーションを維持できる学校・教材を選び、それを信じて勉強することが合格の秘訣だと感じています。