山根様

「テキスト・動画のみでの合格」


中小企業診断士を目指した理由

1.山口さんのカリスマ性
最も大きな理由は友人に誘われて無料説明会に参加した際に、山口さんのカリスマ性に惹かれたためです。
2.時間の余裕
外資系IT企業に勤務しているのですが、残業が比較的少ないプロジェクトに配属されていました。時間に余裕があるうちに何か勉強しておこうと思いました。
3.ITとビジネスをつなぐ
文系出身であり、技術を極めるというよりもITとビジネスをつなぐ力を伸ばしたいと思いました。そのため、IT系資格よりも中小企業診断士を優先しました。

なぜ、TBC受験研究会を選んだか

1.山口さんのカリスマ性
無料説明会の話がとても面白く、講義をもっと聞いてみたいと思いました。また予備校講師専業ではなく、経営者・コンサルタントとしての経歴に惹かれました。
2.合格後のサポートがある
TBCで合格すればライティングセミナーを無料で受講できる点が魅力的でした。「合格後にいかに資格を活かすか」を重視している姿勢は他の予備校ではあまり見られない点でした。
3.講義DVDを利用できる
平日は業務で忙しいこと、休日は遊び等の予定があるので、全ての講義に出席できる自信がありませんでした。そのため、欠席してもDVDでいつでもどこでも学習できる仕組みは魅力的でした。また学習が遅れた場合のキャッチアップにも役立ちました。

TBC受験研究会活用法

私は結果的に講義には一度も参加しませんでした(全て欠席資料受け取り)。テキストとDVDが本当に充実しており、十分事足りたためです。

2014年に入ってから本格的に1次試験の勉強を開始し、講義テキストを読み込みながらマーカーを引いていきました。講義テキストがわかりやすいので楽しく読み込めました。読み込みが終わったら演習テキストを全ての問題ができるようになるまでやり込みました。ポイントを押さえてコンパクトにまとまっていたので、全てを覚えてもそれほど負担にはなりませんでした。市販の問題集は一切使いませんでした。ただし、1次試験はギリギリでの合格でしたので余裕があれば、過去問や別の問題集で補強した方がよいと思います。

2次試験の勉強は1次試験後に開始しました。こちらもTBCのテキスト以外には一切手を出しませんでした。1次試験のテキスト同様、コンパクトにポイントを押さえてまとまっていたため、とても効率よく勉強できました。講義はいきなり内容に入るのではなく、2次試験の概要・戦略・思考方法といった勉強の効率に大きく関わる部分に多くの時間を割いていたのが印象的でした。また講師自身の実際のコンサルティング経験に基づいた話が豊富になされており、楽しく勉強できました。

中小企業診断士を目指す方へのメッセージ

一番大切なことは「合格後のイメージ」を明確にすることです。TBCでは合格後のイメージを膨らませてくれる講師陣がいます。合格後のサポートにも豊富な実績があります。合格自体が目的ではモチベーションの維持は難しいと思います。

次に大切なことは「勉強したことは必ず役立つ」と信じることです。私自身、勉強をしながら「座学が役に立つのか?」という疑念に負けそうになったことが多々ありました。しかし、結果的にはビジネスマンとしての基礎スキルの底上げに大きく役立ったと感じています。たとえ合格できなくても勉強したことは無駄にはならないと思うことができれば、継続につながり、結果につながると思います。