久崎様

「合格後も役立つ能力を身につけるために」


 中小企業診断士を目指した理由

コンサルティング業に従事するための足がかりにすること、それにより将来的に裁量のある働き方を実現することが理由です。また、生きていくために何らかの組織に所属するなど関わりを持って働く必要がある以上、「企業とは何か」「企業を経営するとはどういうことか」ということを改めて体系的に学びたいという関心もありました。


なぜ、TBC受験研究会を選んだか

私が中小企業診断士試験を受験するにあたってTBC受験研究会を選んだのは、以下の3つの理由からです。

①高い合格実績
②メールでの個別相談を受けられる
③合格後のフォローアップがある
短期間での合格を目指していた私にとっては、合格率が高いことが予備校選びの重要なポイントでした。インターネットでの情報収集によりTBCの存在を知り、合格率の高さから説明会への参加を決めました。説明会では、2次筆記試験合格を視野に入れた1次試験対策の学習スケジュールや、メールでの個別相談について説明を受け、入会を決めました。そして、実際に学習に取り組み始めて個別相談による学習効果の高まりを実感しました。診断士試験は合格のために必要な知識が広範にわたるため、自分に適した効果的な学習方法を早期に確立することが求められます。
個別相談はこの学習方法の確立においてとても役に立ちました。特に2次試験は知識に加えて思考力も問われるものであるため、個別相談で早期に学習の方向性を確認できたことが合格につながったと感じています。
また、これまで分野の大きく異なる職業に就いていた私にとっては、取得した資格をコンサルティングの仕事を獲得するうえでどのように活用するかという問題は大きなものでした。TBCでは説明会の時点で合格後のフォローアップについての説明があり、執筆を契機としたキャリアアップのプランを提示してくれました。それが可能なのは、出版社との提携があるTBCならではだと思います。このことは学習を進めるうえでのモチベーション向上にもつながりました。


 

TBC受験研究会活用法

DVDやテキストによるインプットと答案練習や過去問でのアウトプットを繰り返す学習がメインでした。答練や過去問で知識の定着していない箇所を特定し、インプットの学習に戻ります。それでも理解が深まらない分野は個別相談を利用し、1つ1つ苦手を潰していきました。診断士試験には1次、2次ともに科目ごとに足切りがあり、苦手分野をそのままにしていては合格は難しくなります。個別相談は長期的な学習プランの検討と、個々の問題の解法の確認の両方に役立ちます。個別相談を上手に活用して効果的に学習のサイクルを回すことが合格につながったのだと思います。


 

中小企業診断士を目指す方へのメッセージ

私が学習を進めていく上で心がけていたのは、講師のアドバイスを素直に受け止めることです。TBCでは、企業の診断に従事し、中小企業診断士試験専門の予備校を続けてきたからこそ知り得た出題傾向などの情報やメソッドを提供してもらうことができます。それらを積極的に吸収し、活用していくことが合格につながったと感じています。まずはアドバイスをしっかり受け止め、噛み砕いて自分のものにしていくプロセスが重要になります。
また、講師の助言のなかで最も大切だと思ったのは「診断士試験は小手先のテクニックで乗り切れるものではありません。試験で問われる能力を地道に身につけていく必要があります」というものです。
2次試験は企業経営についての現状分析や課題解決の手法について多面的に評価するものです。どのような観点からの問題が出題されても得点するためには、この試験で広く求められる姿勢や能力を確実に身につけることが一番の近道であると思います。そのためには、ときには地味で泥臭い学習も必要になります。しかし、そうして得た姿勢や能力こそが、合格後の実務において役に立つ本物の能力になるのだと思います。学習の過程で得た知識や能力をどのように活かしていきたいのかという視点を持って学習に取り組んでいってください。