2016年2月20日

TBC受験研究会について

TBC受験研究会について

TBC受験研究会の略歴

1979年4月 独立中小企業診断士が集い「業界の地位向上につながる優秀な中小企業診断士を輩出すること」を目的として、「東京ビジネスコンサルティング(現、TBC)」を設立。当時は、答案練習を中心とした学習で高合格率をあげ、”アウトプットのTBC”と呼ばれる。 1998年5月 千代田区神田駿河台に本店を移転 2002年12月 元試験委員の渡邊教授を招き、「ここが違う!合格答案と不合格答案」の講演を開催 2003年10月 ISOコンサルティングの(株)TBCソリューションズを設立 2004年12月 元試験委員の佐藤教授を招き、「流通・マーケティング事例に見る合格・不合格答案の違い」を開催 2005年7月 「酒類小売業者の経営の改善等に関する緊急措置法」第7条に基づく経営改善計画等の「モデル事業」の研究に関する調査を国税庁より受託する 2006年6月 千代田区三崎町に本店を移転 2012年3月 早稲田出版(経営教育総合研究所グループ)との提携により、「1次試験は独学で合格を!」を合言葉に、受験生の負担を減らし、多くの方に受験してもらうため、業界初の無料で受験校の完全動画の配信を始める。 2015年1月 早稲田出版(経営教育総合研究所グループ)との提携により、業界初の2次試験のインプット講義動画(約20時間以上)を、無料で受験校の完全動画の配信を始める。 2015年3月 墨田区太平に本店を移転 2016年3月 現在 2次本科講座を運営している受験予備校の中では、最も歴史のある中小企業診断士の受験予備校である。

TBC受験研究会の想い

グループ会社である株式会社経営教育総合研究所の経営理念である「すべてのスキルアップを目指す方に学習しやすい環境を創造する」というコンセプトのもと、中小企業診断士を目指す全ての方が、合格までの学習に負担が少なく、また、合格の先の”本当のゴール”を目指す際にも、年会費などの負担が無くキャリアアップを続けられるように、サポートしております。

合格までのサポート

独学や法人研修で中小企業診断士を目指す方にも負担が無く学習を進められるように、業界トップクラスの合格実績を誇る学習ツールを、グループ会社である早稲田出版と連携しながら、お求めやすい価格でご提供しています。このような学習ツールを、お求めやすいの価格でご提供できる理由は、合格に必要のないパンフレットなどの広告宣伝費や、電話による勧誘などの販売促進費を0(ゼロ)円にすることにより、合格に必要なコンテンツに集中しているからです。

合格後のサポート

TBC受験研究会の2次講座(本科講座)で合格した方は、キャリアアップの軸となるライティングスキルを身につけるためのライティング講座(一般価格5万円)が無料で受講できます。また、ライティング講座後は、キャリアアップにつながる執筆活動を中小企業診断士の先輩方とともに続けることができます。ライティング講座に参加した先輩方は、ライティングを軸としながら、独立のための自己ブランディング、リタイア後のキャリアアップや転職のための職務経歴書の拡充に活用しています。